エアコン取付(1)

 

電子工作好きではあったのですが、工事作業的なものはあんまり・・・。

そんな感じでしたが、実家からエアコンを取付してほしいとの依頼がきました。

リビングを改築・増築したときにエアコンは取り付けなかったようです。工事代が高かったようです。木造では坪50万くらいの工事費が相場というのが有名なので、費用は相場程度だったと思いますが、エアコン設置はまた別費用だから仕方ないと思います。

エアコン取付は慣れない人がやるとどのくらいかかるのかメモしながらやり方を簡単に書いておこうと思います。

携帯のストップウォッチ使ってみました・・・。

エアコン取付に資格が必要か

エアコン取付は、電気工事士の資格が不要です。電気配線しないからです。コンセントに挿すだけ。

とりあえず高速道路で下って行ってきました。

エアコン取付する場所ここにエアコンを設置します。キッチンとリビングを改築・増築によってくっつけたので合わさって14畳になって寒いみたい。広けりゃいいってもんではない。

エアコンの専用電源について

とくに専用電源を設ける決まりはないですが、エアコンと同時に電子レンジだと100V回路だとたぶんブレーカーが落ちるので、こういった場合を想定して最近では、エアコンは専用コンセントを設けるように電気店や家電量販店でいうようになったのでしょうか。

商品プラスアルファのお金を得たいということなのだろうと思います。

あったほうがいいですが、ブレーカーが落ちて止まりますから施工がしっかりしていれば大丈夫です。ダメ工事が多くて火災にでも過去にあったのだろうか。

専用コンセントの設置について

日立の200Vエアコンを付けることになりました。暖房消費電力1450kwでした。200Vで1450kwなので相当なパワーかなと思います。

うちの場合は、実家の増改築工事のときに200Vコンセントを付けておいてほしいと適当に指示しておいたので壁に1個ついています。上の写真の右上にある四角が200Vコンセントですね。

エアコンの設置板の下地工事

エアコンは背板となる金属の板があって、これにエアコンの本体をひっかけて動作させています。この板を取り付けるところから工事をします。

うちの場合は、石膏ボードでした。

石膏ボードの下地作り

石膏ボードはそのままねじをねじ込んでもある程度入りますが、エアコンを設置して重量を支えるときに抜けてしまいかねません。重量を補強するために、石膏ボード用のねじ打ち込み材を入れます。

この下地材を打ち込むときに石膏の粉がたくさんでるのでこの時は下に捨て材を敷いて粉を集めるか、穴あけの時に掃除機で吸い込みながらやるのがいいです。

下地のグリップ材を打ち込んだら、25mmくらいのねじで打ち込みして、エアコンの背板の金属板を壁に固定します。

エアコン背板金属板の壁への固定

金属板には、上から何ミリまでがエアコン本体のサイズですとか、ここから右に80mmがエアコンの配管穴をあけるところですといった情報が全部書いてあります。この金属板があれば、エアコンの室内本体を取り付けるまでは説明書いりません。

こんな感じでエアコンの背板を壁に取り付けちゃいます。

エアコンの構造は本体から外に除湿的な水分を外に排出する機構があります。つまり水が出るわけですから、外に向かっていく排水のドレン配管に100分の1勾配をつけます。

鉄腕ダッシュみてて覚えました。水の勾配はダッシュ村の水回り作りとダッシュ島の水の運搬路づくりでやってました。

そんな感じなので、エアコンも勾配を配管穴の方向に少しだけ傾けます。水平器の真ん中標準の中で泡が左にすこしだけいくようにして水平から若干の勾配を付けておきます。

壁に穴をあける

エアコンを付けるときに穴をあけてみて思うのですが、エアコンは新築工事など壁工事の時につける場所を決めておくべきだと思います。

なぜなら穴をあけると壁の中に入れてある保護材や断熱材に穴をあけないといけないので、工事の段階でやっておいたほうが間違いがありません。

 

・・・・記事を打ち込みまくって書いているのですが原稿用紙4枚くらい書いたような気がします・・・。キーボードを打つ腕が疲れたので、続きは次回。

2018年の抱負

あけましておめでとうございます。

新年の抱負

  • このブログに自分の知識をもう少し書いていきたい。週に二回以上は記事を投稿していく感じに。
  • 電験三種の勉強を今年から始めます。基礎知識を身につけておいて、農業用電気設備のメンテナンスで実家の役に立ちたい。
  • クルマが古いのに乗っているので、13年経過して税金がな上がる夏までに次の車を検討する。
  • 造型の3Dプリンター出力のあとの複製ができるようにする。

2017年のふるさと納税

今年もふるさと納税駆け込み日になったので納税してみました。

  1. 佐賀県武雄市 – B2-05 【九州産】栄養たっぷり 若鶏もも肉 たっぷり 4kg!【頑固板前のこだわり目利き】
  2. 佐賀県武雄市 – B0-67 【国産豚肉】どど~んと4700g!!! 【メガ盛り】
  3. ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 岡山県総社市 – 29-01-059.平成29年産そうじゃのお米【玄米】20kg

総社のお米は60kgコースを選んでいたのですが、今みたら60kgコースが無くなっていました。

新しい味のお米も試したいので来年2018年は違うお米の寄付金をやってみようかな・・・

レンタルサーバーの検討

WordPressを設置するのにサーバーをどこにしようか悩んでいるときに、レンタルサーバーがまず検討の対象になります。いくつかあるのでリスト化してみます。

安いプランで見て、おおよそ機能として必要なのはCMS簡単インストールがあると楽ちんです。急成長していくと分かっているならエックスサーバーがいいです。

初心者で最初はblogの動作失敗してもいいし、データ作り直しを何度もして覚えていくぞっていう方ならロリポップで電話サポート受けながらやるのが適しているんじゃないかと思います。

自分の場合は、独学だったのでWordpressのインストールにもすごく時間がかかったし、データが消えたら消えたでまたわからなくなってすごくいつも困っていました。機能がいろいろあっても電話サポート受けてくれるなら独学でblogカスタマイズすすめるにはいいと思います。

 

エックスサーバー

200GB(高速SSD)  月額900円~

CMS簡単インストール (WordPress等を簡単にインストール!)

マルチドメイン無制限

自動バックアップ(1日1回、バックアップ)

スターサーバー

【スタンダードプラン】

月額500円 100GB

マルチドメイン無制限

CMS簡単インストール(wordpress対応)

ハッスルサーバー

月額208円~(12か月契約の条件) 3GB

CMS簡単インストール(wordpress対応)

ロリポップ

【ライトプラン】

月250円~ 50GB

WordPressが利用可能(CGI版PHP)

【スタンダードプラン】

月500円~ 120GB

高速なWordPressが利用可能 (モジュール版PHP)

電話サポート付き

CMS簡単インストール(wordpress対応)

WordPressの設置について

WordPressのインストールの最初のところをまとめておきます。インストールには、まずサーバーとFTPクライアントを用意します。

用意ができたら、サーバーにWordpressデータをインストールしてそのほかの設定をしていきます。

この選択がとても重要で何回か苦労をすると選択眼が養われるのですが、パソコンにそれなりに詳しいといった程度ですと、きちんとわかるまでは結構苦労すると思います。

レンタルサーバーの検討

WordPressには動作条件があります。おおよそレンタルサーバーのHPには記載があるのでその中から価格の安いものから検討してみるのがいいと思います。

また、レンタルサーバーにはWordpressインストールセットのタイプがあります。WPblogとかWordpressベースですぐにblogを使い始められるものがあり、こういったタイプはとても便利です。

FTPクライアント

サーバーへファイルを転送するためにFTPクライアントが必要です。最近は、FileZillaが自分のなかで流行っているので、FileZillaがおすすめです。

WordPressアバター画像の変更方法

WordPressを使用していて、自分の投稿にアバター画像があるけれどこれを任意に変更したいと思うようになったので、以下の4つの方法から変更できるのでまとめておきます。

  • WordPressの標準機能で変更する方法
  • Gravatarを使用するしてアバターを変更する方法
  • functions.phpを編集する
  • WordPressプラグインを利用する

“WordPressアバター画像の変更方法” の続きを読む

pythonを勉強始めることにした。

今日からプログラミング言語のpythonを始めることにしました。

実践力を身につけるPythonの教科書

という本を開いてプログラミングを開始してみたところ、Rubyのような感じでスッキリ簡単です。

Rubyはバージョン管理とかちょっと実行までのところで面倒なことがあると感じていたのですがPythonはRubyより実行までの感じがちょいシンプルかなとい感じ。

電気工事士 技能試験No.10-No.13

電気工事士の試験まであと10日くらいとなり、候補問題4問の実際に練習し残していたけれど、本日の祝日午後を使って、夕方まででやり切った。

驚いたことに、残り4問すべてにおいて、30分程度で作業が終わったこと。最初60分近くかかっていてこれは終わらないと思っていたのがうそのようです。

練習を13問一通りやれば確かに合格水準の自信と実力がつくというのは間違いないかなと思います。

ただし、技能試験公表問題の合格回答が乗っている冊子教科書類は1冊買ってとことん読む必要があります。

欠陥の基準とかあとから、あっこれって欠陥なのか・・・と気づくことがありました。

13問目の端子台の自動点灯ライトについての回路つなぎがよくわからず、とりあえずは暗記するしかないかなという感じです。

PF管のつなぎ方も初めて触ってやってみて良かったと思いました。とりあえずしっかり差し込めば良さそう。全然回らないので諦めました。

 

電気工事士 技能試験No.8-No.9

電気工事士の技能試験のNo.8とNo.9を本日午後練習完了。

今日は、1日で4問練習した。腕が痛い・・・。筋肉が足りなくて施工するのに時間がかかっている感じがする。

No.9でリングスリーブ中サイズで圧着するところがある。2か所。

この作業が結構つらかった。力が足りなくて。

これ以外はほぼ問題なく技能試験で出てきても対処できそう。

月曜からの平日で、No.10、11、12、13をこなして27日の週になったら復習やイメージトレーニングで本番迎えられるように調整したいなぁ・・・

電気工事士 技能試験No.7

日曜午前中に技能試験2問練習して、No.6とNo.7を実施。

No.7で初めてアウトレットボックスが出てきてどうしたらいいのかと少し思考停止してしまった。これは実際に手を動かしてやってよかった問題だった。

ゴムブッシュの裏表はあるのだろうか ➡ 裏表関係なし。

といった疑問が頭をめぐって時間を消費してしまった。ゴムブッシュに十字の切れ目を入れるのに電工ナイフを久々に開いて切れ目をいれるのも一度はやっておいたほうがいいなと思う。簡単に切れるから電工ナイフを持ち込み忘れさえしなければ何とかなる。

あとはアウトレットボックスの穴の位置。試験用は穴が最低限あいているだけのようだけれど、練習用は穴がフルオープンなのでどこを通したらいいのか悩んでしまった。一応太い線は25、細い線は19、細い線二つは25のサイズ穴を利用したらちょうどよかった。

今日は午後にNo.8とNo.9をやって平日に4問練習できれば一通り実地したことになるのでそこまでは何とかやりたい。

電気工事士は道具にも練習材料にもそれなりにお金がかかる試験なのでちょっと見通し甘かった。世の中お金がかかる試験ばかりではないけれど、この試験はお金かかる。