キヤノン35mmフルサイズミラーレスEOS R

キヤノンが、35mmフルサイズイメージセンサーを搭載したミラーレスカメラ『EOS R』と、新型マウント『RF』を採用した交換レンズ4本を発表

キヤノン EOS R 特徴

  • レンズマウントRFに変更。
  • マウントアダプター併用により、EF/EF-Sレンズが使用可能
  • ショートバックフォーカスの採用
  • フルサイズレンズの焦点距離を1.6倍に。クロップ撮影機能
  • 新RAWフォーマット[C-RAW]を採用

報道を見たときは、キヤノンがEFマウント切り捨てたかと勘違いしてキヤノンシステムからソニーシステムにでも移ろうかと本気で思っていましたが、EOS Rのミラーレス本体の仕様を見る限りマウントアダプターでEFシリーズが現役利用できるのであればこのままキヤノン使っていてもいいかなと思えました。

フルサイズの焦点距離を1.6倍にするクロップ機能は他社で取り入れていた機能なので、キヤノンのカメラにも搭載されて単純にうれしいですね。

キヤノンレンズの特徴

手振れ補正が強化

  • レンズの光学ISと合わせて最大5段分を達成

新RAWフォーマット[C-RAW]を採用

amazon カメラ買取

https://amzn.to/2Q5iyhv
https://amzn.to/2wUNCc7

[amazon]Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV ボディー EOS5DMK4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です