3月31日(金)

プレミアムフライデーだろうか。早く帰れるところじゃないけれど、終わったらwanhao D7のチェックと動作確認もう一回やろうと思う。

朝マフラー忘れたので少し寒い。明日かなり寒くて外にでるのが億劫そうなので、趣味をやるにはちょうどよさそう。

ZBrushの1mm厚設定がさっぱりわからない・・・

ZBrushの教科書にある1mm厚の設定の仕方を動画を見ながら頑張ってみたけれどもう何度かトライしてみたが何かが違うようで思っているようにならない。

P212(32) 1mm以下にすると3Dプリントで複製できなくなる。

P213 基準ボックスうんぬんとある

P120 基準ボックスを用意する

基準ボックスのあたりが間違っていてうまくいかないのかな・・・
教科書を見直したら、(14) [Tool]-[Deformation]-[Size]で大きさを合わせるとあったので
極小の基準ボックスで悩んでいた・・・。

201700330_0520

基準ボックスは造形物と同サイズくらいにはなったので、もう一度教科書読み直してできるかやってみることに。

もう少し頑張ってみよう。まだわかってない。

とりあえず、ここまでは教科書では自分の理解が追い付かない・・・。うーん、うーん。

先生が執筆していたCGWORLD No.222号を買っておいたので98ページからのデジタル造形ノートを読み直してみる。

CGWorld買ったときはさっぱりわからなかった、いまもほとんどわからないが・・・、P103のInsert NanoMeshを利用した厚みの確認というのがあった。

これも難しいな・・・飛ばそう・・・。

服を作るのは簡単かなと思っていたけど、やっぱり難しい。思い通りに操作できるようになりたいなぁ。

 

RaspberryPi3購入

RaspberryPi3を購入した。発売からずいぶん経ったけど。

ラズベリーパイ Raspberry Pi 3B 技適対応 日本製 バンドル品 ACアダプタセット ブラック(RS品番125-4093)は、通常5,200円を3月末までセール中で4,700円

これは安いなとすぐに感じて発注です。
RaspberryPi3は2までと異なる点はいろいろあろうけれど、電源として必要とする部分の要求レベルがあがったので適切なACアダプタになるものを見つけてつけるのが面倒だったので手を出さないでいました。事実、VPN利用のRaspberry Pi 2B+は実用十分でしたので。でも4,700円でセット価格になるなら話は別。RSの純正お墨付きアダプタがつくので安心だなと探す手間考えたらすごーく楽ちんでしたし。

用途は、Wanhao D7のNanoDLPくらいしか現在のところは想定していませんが。

ちなみにVPN機にしているRaspberryPi2は大阪出張の際に大変活躍してくれました。やはりホテル滞在などの優先LAN環境ではVPN接続のメリットが増すので、自宅PCをほぼそのまま操作しているようなそんな環境にできることはすごく便利でした。
P_20170328_200310

P_20170328_200511_HDR

見た感じ変化は感じません。正直miniUSB端子からの給電をやめてもらいたいのが本音。
4芯の電源供給をはんだ付けできるようなボードにしてほしい。そうでないと電源コネクタが外れてしまうなど、信頼性が大きく下がるし。

P_20170328_200849_HDR
アクリルボードを挟み込むタイプのケース。RaspberryPi2B+で使っており今も現役利用中のケースですが、CPUファンがセットになって値段が下がっていたので再購入。この写真の時は気づかなかったのですが、左上のアクリルねじあなが埋まっています。この後この穴をあけるのに苦労しました。ちゃんと空いていてくれよと。ドライバ・ねじ回しで押せば空きます。

P_20170329_021836_HDR

アクリルに貼ってあった保護シールをはがして組立ました。このケースにしている一番の理由はCPUファンです。CPUは熱伝導のファン無しクーラーが売られていますが、冷却力についてはほとんど効果ありません。一緒に熱くなって終わりです。やはり空冷をしっかりしてあげるのが熱源に対しては有効です。これは熱いシチューはふーふー冷ますのと同じかと。

経験上、まちがいなくCPUファンが必要だと感じていましたので、このケースに落ち着いています。これでnanoDLPをRaspberryOSに入れてみようかな。

3月28日(火)

つくばエクスプレスに乗る。京阪電車の快適な感じとはほど遠いなと。

朝のうちに、wanhao d7傷だらけ過ぎ問題を購入元に問い合わせるメッセージを送ることにして数枚の写真とダメージありすぎって送ってみた。このあとどうなるんだろうか。

13:00になってwanhaoから返事きてるか見てみたけ全くきてなかった。時差はどれくらいかな。でもこんな送りかた全部にしてたらみんなからクレーム来そうだ。

今日も大阪で仕事

昨日から大阪。昨日はサポートだったけど、今日が自分の分野なのでがんばろう。ホテルは温泉があってからだがあたたまってぐっすり。

イオンスーパーがあったので、プロバイオティクスプレーンヨーグルト買えたから食べて健康に過ごせたと思う。

いろんなものがない。大阪だけど、ニトリにさっといって買ってこようということにした。京阪と御堂筋線で駅名おなじなのに結構はなれてて予想外に歩いた。京阪で天満橋にいくのがわからなくて御堂筋線の駅員さんにきいたらすんごく丁寧に教えてくれた。京阪の特急電車にのることになったけれど、これがすごくきれい。新幹線よりいいな。こんな快適な電車でみんな通勤してるのか。関西の人がおしゃれなのわかるわー。関西っておしゃれだなー。

会社への帰りも京阪電車。今度の車両は金色のカーテンとかついててすごくおしゃれだった。シートも柔らかくてかなり快適。これはすごいな。関西には快適がいっぱいだわ。引っ越すなら京阪電車乗れる路線が絶対いいな。

自分の分野の仕事がおわって、サポートにはいったらすごく忙しくなった。今日はとてもいそがしかったなぁ。

家に帰る頃には日付が変わってしまうようだ。早く帰りたかった。

始発で大阪に行く。

守谷始発快速が5時4分。普通なら休みでwanhao d7いじりたいのだけれど、大阪にいかなければならないので、我慢です。

6時のぞみ自由席にしてしまったが、日曜は混んでる。今度から指定席にしておこう。運良く座れたのでラッキーだった。

今日ほんとうに自分がくる必要あるのかなーとおもっていたがちゃんとあった。9:30時点でひとつ問題解決。これだけでも有意義だった。

GWCに行きたいのが本音だが・・・無理かなぁ。タイムラインで流れてくる写真やFlicker見ればいいかと諦めの境地。

GWCすごく近かったので昼休みに行けるかやってみたところ行けた。勉強になった。
AutodeskかなにかのZBrush以外の3DCG系ソフトを実演している人がいた。マウスだけで操作していて3Dモデリングしてた。なるほどこれもありか。

GWCではクホリアの実演もあった。以前、クホリアのホームページから見積り取得してみてすごくよさそうだったけど、FDMは自分にはあっていないと勝手に判断して値段見合いでやめることにした。これからはUVレジンを通常のレジン複製する方法を読んで理解しておきたい。

ZBrush 5-5 ショールの作成

ショールを作成した。ローポリゴンで作成することの便利さとかがわかってきた。これがわかるとZBrushの機能のハイポリゴンは無駄に多様すると逆に不便になることもわかって作業効率が多少上がってきた。

201700325_2336

肩衣服のショールを作成するってだけなのにすごく時間がかかってしまった。
先はとんがらせたいし、縁は綺麗にしたい。ふわっと浮き上がっている感じも出したいし、きちんと厚みを出して作成したいなど、意外と目標とやりたいことが一致する。

これらをきちんと全部できるにはいくつかちゃんとやらないとだめだし、ローポリゴンの利点を理解するととんがらせるのも結構簡単にできる。

最初のころはディバイドとダイナメッシュをむやみにやってZBrushが落ちて困ったなーを繰り返していたけれど、最近は本当に落ちないしずっとやれてる。
ZPR保存で3GBファイル作ってたのも懐かしい。ZTLで保存したはいいが、今度はスカルプトできなくてどうしたらいいかわからなかったからZPRで保存していた。

慣れてZTLの使い方がわかるようになったのでファイルサイズの少ないZTLでいいけれど、正直、しっかり誰かに教わっていない限り、ZTLの最初のロード時に2.5Dペイントモードから脱出できなくて詰むのが目に見える。

最近はツールの場所を覚えてきて、教科書に書き込むこともより少なくなってきた。

P242まで進めることができた。次は靴の作成・・・。靴は好きなので楽しみだ。

Wanhao D7 マニュアルを読む

Wanhao D7を買ってみて梱包されている中には説明書は一切はいっていなかった。見かける事例にSDカードにPDFが入っていたよみたいなことを聞くけれど、これはSDカードがつながる機種ではないので、そんなこともない。

  • Wanhao Duplicator 7 user manual
    Wanhao3Dprinter.comにユーザーマニュアルがあったのでリンク。わかりづらいスタートガイドなので、念のためメモ。時々更新しよう

WANHAO DUPLICATOR 7 GETTING STARTED GUIDE

 1  DOWNLOAD AND INSTALL SOFTWARE
Go to www.wanhao3dprinter.com and download “CreationWorkshop” and “D7driver_1” located at “Download software—Duplicator 7”.
The latest version is always online.
-Install the driver “D7driver_1” on your computer.
-Execute the Creation Workshop software by clicking on “CreationWorkshop.exe”
ここまでわかれば大丈夫そうだ。URLに行って、ソフトダウンロードしてD7ドライバーとCreationWorkshopをインストールすればいいのね。
CreationWorkshopは古くは無料ソフトだったけれど、方針が変わってv1.0.54 and 1.0.75を除く最新バージョンからトライアル版のほか有償になっているみたい。Wanhaoにあったのは1.0.54のほうだった。
それでNanoDLPが生まれたのだろうなぁと思った。
備忘録としてNanoDLPとWanhao D7のセッティングはここにあったのでリンクしておく。

CWtest

遊びでインポートしてみるとこんなふうになった。CreatorWorkshop結構使いやすい。
この写真は1.0.75のバージョンをネットから探してきて使ったもの。なにが違うのかよくわからなかった。起動時のスプラッシュ表示される絵と、バージョン表記が違うなーくらい。
NanoDLPは、ぐりぐりきれいに3D表示が動くけれどプリントサポートを立てたりとかが無くてまだ理解しきれてない。

それからCreatorWorkshopに.STLをインポートするときZBrushの高解像度データではすんごい重くて動かなかった。
http://oakcorp.net/zbrush/zplugins/decimation.php
DesimationMasterを通してから、.STL作ったらぐりぐり動かせてソフトウェアが重くならなかった。なるほど、ZBrushってすごかったのか。

2 UNPACK AND CONNECT CABLES
With the printer switched off, connect:
A.VGA or HDMI cable supplied to the computer and 3D printer.
B.USB cable supplied to the computer and 3D printer.
C.Power cable to the power supply.
プリンターの電源を切って、
A.HDMIケーブルでWanhao D7とつなぐ
B.USBケーブルをWanhao D7とつなぐ
C.電源ケーブルをWanhao D7につなぐ
3 CONFIGURE SCREEN RESOLUTION
Go to your computer desktop, right click and open “Screen resolution”. Set your screens to “Multiple Displays” and “extend this display mode”, keeping your monitor as the main screen.
Video instructions available at www.wanhao3dprinter.com “Video- D7”.
この文章ではVideoの項からD7選んで動画確認しろってなってるけれど、3月25日(土)時点ではアップロードされていなかった。
http://www.wanhao3dprinter.com/xiazai/D7Software_installation.pdf
ソフトウェアインストレーションPDFが写真付きで説明してるのでこれ見たほうが早い。
4 SWITCH ON PRINTER
Switch on your computer and the switch at front of printer.
Open the software and load the object (STL,OBJ or AMF)
パソコンの電源をいれて、WanhaoD7の前部分にある丸い電源スイッチを押す。
Creation Worcshopを開いて、プリントするファイルを開く。
5 CONNECT SOFTWARE AND PRINTER
In Creation Workshop,click on “Configure”,
and then open the subfolder “Configure Machine”.
In the configuration folder connect the printer to the computer by clicking on the button“Configure”.
Select the port you have connected the USB to and set the speed to 115200 and data bits to 8. Press “OK” and finally press “Apply Changes”. To connect your computer and the the duplicator 7 .
Creation Workshopを起動したら、[Configure]をクリックして[Configure Machine]をクリックする。
USBのポートを選んで、スピードを115200に設定し、data bits を8にしてOKを押し、最後に[Apply Changes]を押す。これで、パソコンとWanhao D7がつながる。

Wanhao D7が届いた。

今日は日曜仕事のため先に休みをもらっていた。何の気なしに過ごしていたところ、海外からの配送物が届いた。消費税やら税金関連を5,800円ほど支払って受け取ったのがWanhao D7。いわゆる光造形タイプの3Dプリンターです。kld-lcd1260などを買おうかな、またはlittleRP2などを自作したほうがいいのかなと悩んで3か月。よく考えたら自作するのはメインボードを合わせたりなど様々手間がかかる。ある程度英語情報から理解してきたのでlittleRPみたいな感じでみんなそんな大差ないだろうとWanhao D7が安かったので注文していた。3月15日ごろに注文したので1週間程度で届いたことになる。
IMG_20170324_112452.jpg
よくわからないのは、注文したのに発送手続きが全く進んでいないというWEB表示だったこと。これは今もわからない。誰かのが間違って届いたのだろうか。

IMG_20170324_112607.jpg
写真でうまく取れなかったが、側面ぼっこぼこである。へこんじゃってる。

IMG_20170324_232330.jpg
箱の上をあけてみたところ、FEPフィルムが入っていた。ただしなんだか砂利か何かに押し付けたような跡がすごくついている。思い返せば届いたときに天地逆だった。佐川急便が届けに来たのだけれど、天地無用の意味が分かってないっぽい。上下逆さまにしてはいけないという意味なのだけれども??

IMG_20170324_232408.jpg
天地無用にされなかったために砂利みたいな押し付け跡でいっぱいである。残念なことに、下には緩衝材がしっかりはいっていたのに、上には緩衝材が全くはいっていなかった。佐川に補償請求したいくらいだ。確かにクロネコヤマトでアルバイトを昔したときに天地無用が何かなどを教えるような座学はなかったと思う。危険なことをしない安全教育が安衛法に従って行われたに過ぎなかったので、今も変わらないのだと思う。魎皇鬼でも出てくると思っているのではとマジに悩んだ・・・。

IMG_20170324_232456.jpg
レジンが入るトレー部分の金属部品を外してどんなふうにFEPシートを張るのか見てみようと思ったところ、側面に違和感。すごーく傷が入っている。これは落としたのかな。金属がドライバーなどでけずったみたいにやられてる。まぁいいかと。もうどうにでもなれと。

IMG_20170324_232506.jpg最後にカバーを合わせて整理できた。カバーもはめ込みがうまく合わない。金属部分が横からあれだけダメージ受けてたら変形するなーとおもってしっかり納得できた。カバーはかぶせるだけなのでKLD-LCD1260のようなタイプのほうが造形するには向いているので、あえてWanhao D7を買う意味は少ないように思えた。

NanoDLPを手元のRaspberryPi 1に入れようとしたところ2と3からのハードウェア対応との記載があったので、いったんテストはここまでにした。RaspyberryPi2はVPNサーバーなどに利用していて今週の大阪出張時に自宅録画データにアクセスできないのは、楽しみがなくなってつらい。

大事なことなので追記しておくが、説明書やドライバソフトウェアの類は一切入っていなかったのですべて知っている人が買う商品だと思う。自分は初心者だけど楽しんでやっていけそう。

杖のカップを作るP231

日曜に関西出張なので、今日代休を取得してる。ガレージキットのイベントが3月26日(日)にあるのにすぐそこなのに仕事でいけない・・・仕事で関西行くのだから当たり前なのですが悲しい現実を直視できない。

とりあえず朝からずっと杖のハートを作り直したり、杖のカップを作っている。

201700325_1430
杖のハトがなんかいい感じに進んできた。羽・・・これでいいのにと思ってしまった。

201700325_1530

出来たかなとおもったら、ハトが正面向いてきてる。横向かせたいな。

201700325_1535
ちょこっと回転させて杖として出来上がりにした。
キャラクターを作る以外の作業が多くここまでくるとトランスポーズツールもかなり習熟してきた。初めて使ったときはトランスポーズがなんと使いづらいことかと本気で思っていたのに。

次は、5-5 ショールを作るに進むことにした。ここでP236まですすめた。