ようやく昨年の素体作成データまで追いついた

昨年、Zburshの教科書の通りに作成を進めて素体データを作っていたが、データを大掃除により誤って削除してから3週間。ようやく作りこみがある程度終わりかけた。スカルプターのための美術解剖学を見ながら作成しているけれど、ここがちょっと変とかやっていると出てきてきりがないというのが本音。1回目は結構妥協しながら作ったのだが、2回目は気になる。

  • [20170118_0010]
    20170118_0010

顔までできたけど体をマネキンから作り始めたかんじ。

 

  • [20170119_0010]
    20170119_0010

からだ全体を調整するのにどうしたらいいものか悩みながら進める。1度作ったはずだが全然やりかたを覚えておらず進まなかった。教科書のやり方通りにゆっくりと進める。

 

  • [20170123_0140]
    20170123_0140

細かいところ以外の大まかな形を決定できた感じ。なんだか首回りや手足やひじひざなど気持ち悪いところが多い。

 

  • [20170125_1700]
    20170125_1700

今日の段階。Zbrushの使い方も結構わかってきて、スクリーンショットみたいな機能もある程度使って3面映すことができた。手足の先以外はかなりきれいにできてきたかなと思う。

顔のポリゴンがきれいだと気持ちいいな

Zbrushの作り直しを進めて、顔の形が整ってきた。

画像サーバーが年末年始重すぎて、画像アップできないことが続いたけどようやく成人日まで進んでサーバーが落ち着いてきたみたい。新年でみんなすごい量のアップや閲覧をしたんだろうなぁ。

Zbrushの顔づくりを丁寧に進めて納得いく形になってきた。今度はパーツごとにZTLデータを残して何かあっても結合して戻せるように作ることにした。

20170109_1330

耳の位置がよくわからなくなってしまった。目の上がりだったと思うけど、耳の大きさやついている感じは人それぞれいろいろあって一概にここだ!ときめられないのかな。

20170109_1400ポリゴン表示してきれいになったなーとか思うようになってしまった。

最初は、教科書にポリゴンを整えるとか書いてあっても、別に良くないかな?くらいな気持ちだったけれど、ポリゴンを整えるとサイズダウンするし、見た目もきれいになるしいいことはある。掃除したあとの気持のよい感じに似てる。

20170109_1430

ずーっと顔作りして、ポリゴン表示きれいにしてあそんでいたけど、これの細かなことはまだ理解していない。教科書にあるからあそんでいるだけで、何か必要?と言われると全く必要ないので、とりあえずきれいにできたくらい。

20170109_2000
口を作って、首の太さが太すぎたかなというのを調整した。耳はとてつもなく難しいと思う。サンプル素材の耳があったので片耳を調整して大きさ合わせて位置合わせして、左右反転複製でくっつけた。自分で耳を作ったほうがいいだろうけど、どうにもうまくできなかったので。

新年にしてZBrushの作成中データを誤って消す・・・

昨年末の大掃除のときにハードディスクSSDの掃除を行ったのですが、なんとZBrushデータも気づかず削除していたことを今日発覚。昨日まで手を作っていたので体全体の大きなデータにアクセスしていなかったから気づかなかった・・・。

もう一回作るしかないので改めてやり始めた。

20170105
マネキンをロードして、顔を作るところまでできた。

教科書の通りになるようにすすめていたのでやり直しはきついなと思ったけど、読み返して作り直しするのに教科書を読み返してみたら、分からなかったところがすんなりわかるようになったし、ツールの使い方がかなり頭に入っていたから、どんどん進むし、理解度が全然違った。

20170108_1825
20170108_2200
逆にデータ消えて良かったと思えるくらいにやり直しは自分の中で効果的だった。

カスタムUIをFF15制作チームのをまねたのにしていたけれどもっと自分の使いやすいカスタムUIを作り直したりするのも良いことが分かった。

カスタムUIは何度も作り直して自分のその時の使いやすさに合わせてパターンを登録して切り替えていったほうがいいと思った。

右手リギングポージング

右手をポーズできるリギング素材を作って、ポージングさせてみた。

作成は2度目。1度目はポーズがうまくいかなかったことと、ポーズさせているうちに、だんだん素材が破壊されていってしまい作り直しになったため。

ZBrushCore_20170103
ZBrushCore_20170103-2

1度目に失敗した要因

(1). 素材として作った後にポリゴンを減らす作業をしていなくて高密度の状態にしていた。

(2). 手として大き目に作ってしまったのでデザインが良くなかった。

2度目に成功した要因

(1). 素材完成時に高密度から低密度に変更してみたところリギングで形が崩れなかった。

(2). 手全体を小さく作り直したところ、見栄えが良くなった。

(3). パーツとして複製をうまく使って、やり直ししやすいようにして作業性が上がった。

2017新年の抱負

  • プログラミングでGUIアプリを1つ以上作る
    GUIアプリは作ったことがないので、そろそろやってみたい。
  • FX自動売買プログラムを1つ以上作る
    去年作ったものは10年バックテストで6割資産を減らす無敵プログラムだった。
  • ZBrushの3DCGを継続して1つ以上データ完成させる
    粘土や道具を実際に使わずに遊べるソフトが存在することに気づいたのでずっと遊びたい
  • 自重筋トレを週に2回は実施
    すこし筋肉が減ったようなので体重そのままで筋肉にしたい
  • 万年筆日記をなるべく欠かさず続ける
    日記がつづかなかったから今年はやるぞ
  • 子供が今年こそは授かれますように
  • 不平不満を口にせず、実直に物事を進める

今年の抱負もまとまった。1年間がんばっていく。