MP4(H264)へのエンコードツールは何か

MP4への圧縮で1話アニメ250MBって簡単なの?

アニメ1話250MBエンコード10分程度は無理ではということがあるがTMPGencでやっていたときはなんかうまくいかなかった。AviUtilでやっていたときは読み込みが面倒で設定するのが面倒だったし、CMカットでコマ送りしながらCM探すのが大変だった。

TMPGEnc Smart Rendererを使うようになってからCMカットを任せて素材データを準備した後はエンコード一発するアプリケーションを外部に用意することで放置エンコードしている。

CMカットの手間が大幅に減ったので、設定を詰めたエンコードができるならもう問題ない。

MP4へのエンコードは手間ではない。

いままでいろいろアニメエンコードを行ってきて、VHSの時代からD-VHSに移りD端子からのキャプチャーデータでHuffyuvで取り込んだりとソースはいろいろだったがエンコードはあまり変化がない。

とにかくエンコードは設定を決めて一括して何かの作業の裏でやらせるに限る。こうなると放置しているだけなので手間とかまったくなくむしろ待ち遠しい。(意味がおかしい。)

MP4へのエンコードツールは何を使うのか。

MP4エンコードツールというか、エンコードツールでよく出てくるのは、

  • AviUtil  … 定番ツールで今も現役かつ大人気
  • TMPGEnc … 有料化後もずっと人気がありGUIツールとしての使いやすさは抜群
  • HandBrake Gui … パイナップルマークでおなじみの無料ツールとして後発人気
  • HandBrake Cui … コマンドラインツール NVEncが使えない
  • FFMPEG … コマンドラインツール 別途個別にビルドするとNVEncが使える

ここらへんだろう。有料ツールはTMPGencだけしか載せていないが高価なものはもっとある。ここで記事としようと思ったのにはわけがある。

TMPGEnc は TMPGEnc Video Mastering Works 5 までは購入したが最新版の6は購入していない。なぜかというとグラフィックボード購入にさかのぼる。

なんとIntel Core i7のQSVがグラフィックボードをさしてつかうと、使えなくなるのだ。

なんてこった!QSV > NVEnc の変換画質だと思っている。そのためNVEncで変換するスピードには満足しているが画質でなんだかなぁ!となるとちょっと無理。

ここまでの過程を調べるときにNVEncは有料ライセンスらしいと分かり、最新版の6にしないとNVEncが使えないことを知り、無料でエンコードできて一発変換の仕組みを作るに越したことはないと思った。

よって、TMPGEnc 5がツールとしては楽に設定出来て簡単だが、いまはここを乗り越えてHandBrakeのコマンドラインツールに落ち着いた。

MP4への設定を詰めたエンコードとはなんなのか。

とりあえず次回に書こうと思う。

「MP4(H264)へのエンコードツールは何か」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です