TSファイルをMP4にどうしているのかと問われたら

TSファイルやキャプチャMPEG2ファイルの取り扱いについて

TSファイルはPT2などを利用すれば結構な量がHDDにたまる。そこで圧縮なのだが、もうかれうん数年とエンコード技術(?)を磨いてきた身からすると、作業というのはしないほうがいい。また、悩むということもやめよう。基本はTSそのまま保存か、小さくして保存かを選んだ。

TSファイルの保存は・・・

TSファイルはCMカットしてMKVコンテナに入れている。TSファイルのままでMKVコンテナに入れているということ。これはCMカットした後にチャプター化していくにはどうしたもんだろうと考えた結果、TSファイルでチャプターを持てなかったのでコンテナだけMKVにしたということ。そして、このデータはLTOテープに書き込んで保管してしまっています。

TSファイルをCMカットするのはTMPGenc MPEG Smart Rendererを使っています。

Smart Renderer になる前からの使用ユーザーで、アップデートするたびに更新してきました。

これが出る前まではAviUtlでHuffyuvというロスレスコーデックにいったん変換してから、それをエンコードするというような信者的なエンコードもよくやっていました。本来これが完璧なのだと思いますが、高い効率と時間の節約、HDDへの容量圧迫などのさまざまな問題を考慮して、Smart Renderer に落ち着いた形です。

最新版はMKVで保存出来てチャプターを取り入れられるので、日曜ロードショーなどのCM多めのものを録画したときなどはとても便利。

また、CMカットのためのCM検出機能を持っていて、まだ中身を見ていないけどCMだけとりあえずカットしたいというときにネタバレを最小限にしてCMカット作業だけできるのがホント便利。

MP4ファイルの変換についての考え

MP4ファイルの変換はかなりの数をこなしてきたと思います。QSVやNVEncまでを一通り試して、わかったことは圧縮するなら最も効率がよい妥協点を探して保存するのがいい。

どういうことかというと、TS(MPEG2)を変換するのだから劣化するのがやむを得ない。それを許容できないならそのまま保存(自分がそう)して、さらに利便性のために変換するのがいい。

利便性のために変換するのだから画質が最もきれいに保管出来て、圧縮率が高く、汎用性があるものがいい。

そこで現在(2016年1月)の時点ではh264形式で1話アニメであれば250MB程度に抑える変換を行っている。大体10分程度かかるが、画質を追求して妥協するレベルだとNVEncでは後からもやもやした。つまり耐えられず、高速エンコードの恩恵が得られていない。

「TSファイルをMP4にどうしているのかと問われたら」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です